先輩社員MEMBER

相田 朋宏

最年少で店長に抜擢されたのは熱意とやり切る覚悟。
経験の少なさを周囲とのチームワークでカバーする。

相田 朋宏 相田 朋宏

入社した理由

熱意に惹かれ、未経験の分野に飛び込む

就職先を選ぶ際に考えたのは、体験したことのない職についてみたいと思ったことが一番大きいです。また、会社の熱意を感じたことも大きく影響しました。一番最初の選考の時に柏崎店で現在の社長と面接したことを今でも覚えています。一人の学生に対してわざわざ時間を割いて色々なことをお話ししてくれました。その熱意に惹かれたのも決め手の大きな一つです。

現在の仕事について

お客様目線で考え、理想のお店を目指す

どうすればお客様に楽しんでいただける空間になるか、ということを考えることが店長としての役割です。店舗装飾やスタッフの接客など、お客様の目線で考え、お客様に選ばれるお店を作っていきます。店舗全体を巻き込む仕事なのでスタッフ一人ひとりに気を配らなければならず大変です。しかし、全スタッフが団結した時の盛り上がりには、その大変さを忘れさせる力があります。

成長を感じた瞬間

「頑張ったな」と思える経験が成長させてくれる

副主任時代に新店舗の立ち上げに関われたことはとても良い経験になり、同時に成長も感じられました。当時は大変でしんどい思いもしましたが、乗り越えて無事オープンにこぎつけられた時は感無量でした。「自分の限界を超える」ではありませんが、若いうちに「頑張ったな」と思える時期や経験があると、その後の自分に自信がつくと思います。

今だから言える私の失敗談

経験の少なさを先輩や上司が補ってくれた

若くして店長というポストを与えられましたが、その分経験に乏しく、スタッフ管理などに悩んだ時期もありました。年上の部下やキャリアの長いスタッフに対して、どのように接すればいいのか迷うことも。しかし、様々な面で乗り越えられてきたのは、先輩や上司がいたからです。悩んだときは自分だけで抱えず、今でも先輩店長にはアドバイスを頂いたり、上司に相談したりしています。

学生の皆さんへ応援メッセージ

自分らしさを大切に、前向きに頑張って

就活には「こうすればうまくいく」という答えはありません。個性を大切にして自分に自信を持ってもらいたいです。最初から全部できる人はいません。落ち込んだり諦めたりせず、精一杯頑張ってください。

ページトップへ