先輩社員

山崎 侑也

自分の得意を活かして接客業に挑戦。
ホール責任者としての自覚を大事にします。

入社した理由

自分の得意を活かす道として

元々接客が好きでその道に進みたいと漠然と思っていました。就職活動中に新潟市で行われた合同企業説明会で当社を知ったのですが、人事担当の方が気さくに対応してくれたのが印象的でした。会社説明会で当社の話を聞いたり、人事担当の方と就活や将来について話をする中で、自分の得意とする接客力を活かすのはこの仕事だと思えたので、入社を決めました。

現在の仕事について

ホールで働く人の見本となれるように

班長として意識しているのは、一緒にホールに立つ社員やアルバイトに対していつでも見本となるような接客をこころがけていることです。お客様対応に限らず、クリンネスや店内での所作についても、自分のやってることを真似してもらえるように気を付けています。自分がホールでのリーダーとして全員を引っ張って、自分の得意とする接客力を全員で発揮できるようにしてお店の稼働を上げていきたいです。

成長を感じた瞬間

今が一番成長するときと信じて

入社した時、出来なかったトラブル関係での対応など、前はできないことを教えてもらったり代わりにやってもらっていたことが、今では逆になることも多くなりました。頼ってばかりから、少しは頼られる存在になってきたと感じています。今は班長になったばかりで、覚えることがたくさんあります。大変と言えば大変なのですが、入社当時も覚えることがたくさんあったことを考えれば、今が一番成長できる段階だと思えるのでさらに頑張ります。

今だから言える私の失敗談

役職が上がって報告の重要性を感じた

以前に働いていた柏崎の店舗にいた時、上司への報告忘れがありました。もちろんミスはミスなのですが、自分自身ではそこまで大きなミスとは自覚していませんでした。ただ、それから小さいことでも報告は忘れないようにしていたのですが、店舗が変わって班長となった今、報告の重要性を身をもって感じています。報告と連絡はどの店舗にいたとしても、それがスムーズに進むのとそうでないのとでは、まるで違います。今は班長として、責任者として、報告と連絡を徹底して対応するようにしています。

学生の皆さんへ応援メッセージ

行動すること、視野を拡げることが大事

就職活動、企業探しと言っても、右も左もわからないことがたくさんあると思いますが、まずはいろんな会社の説明会に足を運ぶのが良いと思います。画面だけ見て分かった気になるよりも、行動することがよほど大事なので。企業との出会いも人との出会いも、行動しなければ現れないはずです。もしかすると私みたいに、気さくに話せる人事担当者と出会うことができて、その後につながることもあるかもしれません。頑張ってください。

ページトップへ