先輩社員MEMBER

森 夕海子

完全実力主義の社風で店長を目指す。
自身と後輩の成長が今は楽しみ。

森 夕海子 森 夕海子

入社した理由

完全実力主義に惹かれて

働くなら接客業で、と最初から考えていました。その中でもアミューズメント業界は仕事内容と給与とのバランスが良く、自分が目標に向かって頑張れそうな環境だと思えたことが大きかったです。その中で、当社の会社説明会に参加したのはスケジュールがちょうどよかったからなのですが、そこで完全実力主義という社風に出会って「ここだ!」と決めました。頑張った分だけ評価してもらえるので、とてもやりがいがあり、あの時の決断は間違ってなかったと感じています。

現在の仕事について

ホール責任者として
部下と上司の両面をサポート

責任者として管理しているのが、ヒト・モノ・お金・情報。接客からお店の運営に関わる全ての項目に携わっていると言っても過言ではありません。それぞれの役職でやるべきことはあるのですが、それらがお店の中でスムーズに回るには私たちのような上司とも部下ともコミュニケーションをとる潤滑油的な存在が重要だと感じています。単なるトラブル対応の知識だけでなく、後輩がどうやったら次からは自分だけでできるようになるか、上司の構想を自分の立場でサポートできることはないか、など、常に考えながら動いています。

成長を感じた瞬間

昇格に感じる評価や信頼が嬉しい

入社からコンスタントに昇格していることで成長を実感できます。自分から積極的に動いて、昇格の機会にチャレンジしていますが、日々の小さな頑張りが実を結んでいると感じます。また、日々の行動をしっかりと上司に評価してもらったり、部下が信頼してくれると感じられるので、より自分の成長を実感できます。

今だから言える私の失敗談

責任者の重みを痛感したクレーム対応

自分でもある程度経験してきたつもりなのですが、大きなクレームにつながってしまったことがありました。お客様が遊技をしている台が故障してしまい、遊技を続けることができなくなり、お客様からお叱りを頂いてしまいました。それも、私自身で処理することができずに、店長に対応してもらうなど、お店全体に迷惑をかけてしまいました。責任者のつもりでいましたが、最後まで対応できるようにならなくてはいけないと、立場の重みを痛感しました。

学生の皆さんへ応援メッセージ

学生生活を楽しめるよう、今の時間を大切に

学生時代の時間を大事にしてほしいですね。学生という時間はあっという間の限られた時間です。社会人になるとそれがよくわかります。仲の良い友人たちと集まる場合も、時間を合わせるのが難しくなる時もあります。その分、一緒に過ごせる時は昔よりも濃密で有意義なものにはなりますが。ただ、学生の皆さんには、勉強や就活ももちろん大事ですが、残された学生生活を目いっぱい楽しんでもらいたいですね。

ページトップへ